犬と女性

ノミのライフサイクル

ノミは、人に取り付くことがほとんどなく、犬や猫など寄生することがほとんどです。ノミに取り付かれたままだと、健康的にかなりよくない状態です。なので、ノミを発見したら直ちに駆除しましょう。放置してと病気になることもあるので、放置だけは絶対に止めましょう。ノミは、世界中にものかなりの数は存在し、分布もかなりの範囲に生息しています。主に、動物に取り付くことが多いですが、稀に人にも取り付くノミが存在します。外部寄生型と呼ばれており、肌などにひっついて血を吸うことで生きながらえます。主に6ホンの足を持っており、移動する際はジャンプをして移動します。ノミの好物は有名ですが血液です。蚊と違いオス、メス関係なく吸血してきます。幼虫の頃は、生物の糞や食べ残しを食べて成長しますが、成虫になると血を好むようになります。ノミの移動はジャンプですが、そのジャンプ力はかなりのもので、かなり強靭な後ろ足で、体長の60倍~100倍ほどのジャンプができます。犬や猫、が出す二酸化炭素や熱めがけてジャンプして取り付き吸血を始めます。吸血後は元のサイズよりもかなり大きくなります。

ノミのライフサイクルは、卵、幼虫、蛹、成虫です。成長段階が早いのがネックとなります。猫や犬の表面にノミを見つけて駆除したとしても、成虫を駆除しただけで、卵が残っていることも多く、それらもしっかりと駆除しないとすぐに再発してしまいます。なので、ノミのライフサイクル全てを徹底的に駆除する必要があるのです。ノミは、1~6日で卵から孵化し、脱皮を2回行なった後に蛹へと進化します。その後、成虫へと進化を遂げて、吸血するようになります。ノミは、身体に到着してから8分以内に吸血を始めることがほとんどです。吸血を初めてから、2日以内に平均30個ほどの卵を産み落とします。吸血と産卵を1~2ヶ月ほど繰り返してノミは生涯を終えます。生涯を終えるまで放置しておくとものすごい数のノミがネズミ算方式に増え続けますので、早期発見早期治療を心がけた方がペットのためです。市販されているペット用のノミ退治用品でも結構な効き目がありますし、それでもダメなら病院へ連れて行って診てもらうのも手段としてあります。ノミは放置せずに早めに駆除しましょう。

オススメリンク

全国的被害

シロアリは全国でもかなりの被害がでています。シロアリが住み着くと、建物を支えている柱などに影響が及ぶため、建物の寿命がかなり短くなります。また,繁殖力も強いため、早めの駆除で被害を最小に留めることができます。

Read More...

どこでも発生

シロアリは、北海道の一部以外のどこでも発生します。食害がひどくなる前に対処することが大切なので、発見した時点で専門の業者に依頼して早いうちに退治することが望ましいです。

Read More...

プロにお任せ

シロアリの駆除はプロにお任せした方が早くて、再発も防ぐことができます。業者によってサービス内容や価格が違いますにので、契約する前に施工内容を確認することが大切です。

Read More...

VSシロアリの歴史

シロアリとの戦いは文書に残っている限りで平安時代には始まっているようです。薬剤などを使って駆除し始めたのがここ百年ぐらいなので、近年のシロアリの戦いはだいぶ楽になりました。

Read More...