VSシロアリの歴史

シロアリと人間との長い戦い

長年住み慣れた家で生活しているうちに、不自然な床の軋みを感じたことはないだろうか。最初は気のせいだと思うかもしれない。しかし、次第に軋みを感じる頻度が高くなったり、大きな軋み音が出るようになったら要注意だ。そういった症状は、シロアリの仕業である可能性が高いからだ。住人が知らないうちに大切な家を破壊していくシロアリ。人間とシロアリの戦いは、平安時代にはすでに始まっていたということが文献等で確認できる。しかし、科学に基づいた駆除対策が行われるようになったのは、明治の終わりに近づいてからだ。明治以降、100年以上にわたって、どんな薬剤がシロアリに対して最も効果的かの研究が行われてきた。シロアリ駆除業者の中には、その頃より続いている老舗の業者も存在する。

近年の駆除対策の傾向

現代人が想像しているより、はるか昔から行われてきたシロアリ駆除。それは長い歴史を経て、物理的駆除から科学的駆除へと大きく進化を遂げることとなった。現代においても、より合理的な駆除方法の研究が進行中である。特に薬剤の研究に関しては、人体に安全な成分の開発が永遠のテーマとなっている。そんな中、近年注目されているのが「シロアリの発生予防」だ。「シロアリ駆除」に関しては、まず住人が被害に気づくことが前提となる。しかし「シロアリ予防」は、当然ながら被害が発生するより前に行われなければならない。そのためにはシロアリ駆除の専門家の力が必要となる。今後は、こうした専門家による予防対策を取り入れる業者が、より強い人気と信頼を集めることになりそうだ。