どこでも発生

シロアリの被害は日本全国で報告されています

害虫の代表とも言えるシロアリの被害は日本全国で報告されています。特に、ヤマトシロアリという種類は、北海道の内陸部の一部を除き、全国的に被害を出しているのです。彼らは通常、土の中で枯れ木等をエサとして生活していますが、住宅に用いられている木材も格好のエサになりますから、条件が揃った場合には、住宅にも侵入して来るのです。ただし、ヤマトシロアリは湿り気を帯びた木材を好むことから、住宅の木材が完全に乾いた状態であれば、侵入を許すことはまずありません。しかし、水を多く使う風呂場周辺や、キッチン回りでは、木材が湿っていることがあるのです。木材が湿ってしまい、何も対策を取っていないとヤマトシロアリの侵入を許すことになります。

被害が甚大になる場合があります

イエシロアリの場合には、自ら水分を運ぶことができますから、食害する範囲が大きくなります。そして、被害が甚大になる場合があります。ケースによっては、柱伝いに天井の方まで食害されてしまい、どうすることもできなくなってしまうことがありますから、ヤマトシロアリ以上に注意が必要と言えます。ですから、シロアリ対策として、床下部分を乾燥させることが重要ですし、仮に水が漏れて木材が濡れてしまった場合にも、事前に殺虫剤散布を行っておけば良いのです。そして、床下の殺虫剤処理は害虫駆除業者に依頼した方が確実ですし、安心ですから、評判の良い害虫駆除業者を見つけることが大切になります。そのためには、インターネットの活用がおススメです。